引っ越しするからゴミを処分したい!不用品処分の方法と注意点

不用品を捨てるための手順や、料金のお話、最近流行している詐欺業者について - 未成年者の利用について

未成年者の利用について

不用品回収を依頼したいという方の中では「自分は未成年だ」などという方もいらっしゃるかもしれません。
1人暮らしをしている・寮生活をしているなどという場合には、自らが不用品回収の段取りを組む必要も出てくるでしょう。
では、未成年者でも回収サービスを受けることは出来るのでしょうか。
自治体サービスの場合は、地域住民全員が均等にサービスを受けることが出来ます。
ですので、年齢問わずに利用することが出来るでしょう。
手順は一般的な回収方法と変りません。
民間業者の場合ですが、こちらにおいても原則としては利用していただけます。
ただし、業者によってはご両親・成人している方の同意が必要な場合も。
口頭確認で済むこともありますし、書面などに記入をすることもありますので確認をしてみると良いでしょう。
同意があれば、利用者以外の方が立ち会う必要はありませんので大きな負担にはならないかと思います。
民間業者を利用するにあたって、買い取りサービスを利用したいという場合には身分証の提示が求められる事もあるでしょう。
ですので、証明できるもの(保険証・学生証など)を用意しておきましょう。
このように自治体サービス・民間業者双方においても回収以来をしていただくことは可能です。
ただしここで注意をしていただきたいのは寮生活を送っているという方。
寮の規則によっては部外者の立ち入り一切が禁止されているところもあるかと思います。
回収業者などですと家に訪れることも多いので当日になって立ち入れないなどというケースもあります。
ですから、事前に業者が来ることを伝えて承認を受けておくなどという段取りを行うようにしてください。
自治体サービスを利用されるときも、指定のゴミ捨て場に回収品を置く旨を一言伝えておくとスムーズかもしれません。
未成年者でも利用することが出来ますので、年齢はさほど気にしなくて良いかと思います。
業者利用の際にはしっかりと選んで安心できるところを取り入れるようにしてください。
その際は第三者に相談をするというのも良いでしょう。

  ← 前の記事:   次の記事: